記事一覧

6世代のピクシーのまとめ

 皆さん、お久しぶりです。ユウキです。さて、第6世代が終わり、サンムーン発売により第7世代が始まろうとしてます。そこで、今回は、僕自身が一番好きなピクシーというポケモンの可愛さと強みをお伝えしていきたいと思います。なお、今回はピクシーの型ごとに紹介していきます。また、レートやオフ等で結果を残した方の記事を参考に載せておりますので、良かったら合わせてご覧ください。(なお、許可はいただいておりませんので、掲載を拒否される方は@yuuki_pikusiiiiまでご一報下さい。)

【紹介順】
1.小さくなるピクシー
2.アタッカー型ピクシー
3.ステロピクシー
4.ゴツメピクシー
5.その他の型のピクシー



1.小さくなるピクシー

調整:H244 B252 残り12をCDSの中で振りたいところに
性格:図太い 特性:てんねんorマジックガード
持ち物:アッキのみ、(回復技が眠るの場合の選択肢)カゴのみ など
技構成:ムーンフォースorアシストパワー、小さくなる、瞑想orコスモパワー、月の光or眠る
参考構築記事
・http://mumei-pk.hatenablog.com/entry/2016/07/21/182431(エイスケさん、シーズン16)

 皆さんがピクシーと聞いて、真っ先に思い浮かべるのが小さくなる型なのではないでしょうか。実際、相手の積み展開に滅法有利な「てんねん」及び小さくなってもどくどくで毒殺を狙ってくる相手の意表をつけるなど長期戦に強くなる「マジックガード」の2つの優秀な特性を持っています。どちらの特性も小さくなる及び瞑想を積んで相手を倒していくこととのシナジーがとれている上、いざ対面した時にどのように対処していくかの判断を迫れる点でも優秀です。
 しかし、実際の対戦においては、ピクシーが相手にしたくないポケモンがパーティーにいることが多く、毎回選出出来るかと言われたら正直微妙でもあります。実際、(メガ)ゲンガー、フシギバナ、モロバレル、ナットレイ、HDファイアロー、ヒードラン、ルカリオ、ドリュウズ、アンコールや挑発持ちだと思われるポケモン(メガフーディン等)、一撃必殺技を持っているポケモン、など小さくなったところでピクシーが勝てる見込みの薄いポケモンは結構います。そこを上手く利用してお相手の選出を絞り込めることも結構ある(ゲンガーなどピクシーで詰まないポケモンは絶対出してくる)のですが、一方で「ゲンガーとヒードランが両方いるうちのパーティーにピクシーは出せないだろう。」と考え、こちらがピクシーを出さない読みでガブガル辺りを通してくる方も割といるので、ピクシーの選出誘導力って実はそこまで高くありません。
 では、小さくなるピクシーってどのように使えばいいのかってことになってくるわけですが、初手小さくなってウェーイってしたい運ゲプレイヤーでない限りは何かしらで起点を作ってからピクシーを繰り出していくことになります。起点作成の方法として一番多いのは、ピクシーの特性が天然であることが前提になりますが、ボルトロスが電磁波及び威張るを使うことで、ピクシーの積みの機会を作っていくことでしょう。ただ、元の種族値が低いピクシーにとって、一回素の火力の技を受けてしまうことになるので、上手くいかなければ、そのままピクシーが突破されうる可能性はあります。また、起点を作るために物理ポケに鬼火を入れた後に死に出しからピクシーを繰り出して積みの起点にしていく方法もあります。これによりアッキのみ発動前のピクシーが受けるダメージを減らすことで、より安全な積み展開をしていくことが可能です。
 小さくなるピクシーは運ゲって言われることもままありますが、使う側からすれば、ピクシーをどうやって通していくか考え、それに合わせたプレイングをしていかなければならないため、実は使うのが難しいポケモンなのです。ポケモン対戦において、色々なプレイスタイルがあると思うのですが、共通しているのは、自分の勝ち筋を相手に押し通すことで勝ちをもぎ取ることでしょう。小さくなるピクシーは勝ち筋をどう通していくかを考えるのにはピッタリなポケモンだと思いますので、そういった練習をしたい方には是非使ってみて欲しいです。また、相手の積みサイクルをカットしたい方、ラティオス以外のドラゴン受けが欲しい方にも適任かと。
攻撃技については、個人的には悪タイプ(特にサザンドラ)に何も出来ないアシストパワーよりはムーンフォースの方が強いと思っています。また、回復技については、安定の月の光か、猛毒状態ごと回復できる眠るかをお好みで選んでください。
 最後に、小さくなるピクシーの可愛さを伝えていきます。皆さん、小さな動物(ハムスター、チワワなど)って可愛いと思いますよね?元々可愛いピクシーではありますが、高さ1.3mと意外と大きいポケモンなので、それが小型化することでより愛らしくなってくれるのですよ!!あと、瞑想の時のモーションもめちゃんこ可愛いので、対戦中でも思わず癒しを与えてくれます。あまり書きすぎるとひかれそうなのでこの辺で止めておきます()

2.アタッカー型ピクシー

【命の珠型】
調整:H244 B100 C166(恐らく命の珠を持たせる場合のテンプレ調整)
命の珠までのA特化ハッサムのバレットパンチ確定耐え、残りC
性格:控え目 特性:マジックガード
持ち物:命の珠
技構成:ムーンフォース(確定)、大文字or火炎放射(確定)、10万ボルト、サイコキネシス、草結び、シャドーボール、気合玉、電磁波、月の光、アンコール など
参考構築記事
・https://game8.jp/archives/49279(バーナビーさん、真皇杯関東予選)
・http://kirima-sharo-poke.hatenablog.com/entry/2016/05/18/161332(tsuneさん、シーズン15)

【気合の襷型】※命の珠型の亜種
調整:H4 C252 S252
性格:控え目 特性:マジックガード
持ち物:気合の襷
技構成:ムーンフォース(確定)、大文字(確定)、10万ボルト、サイコキネシス、草結び、シャドーボール、気合玉、電磁波(推奨)、アンコール など

 小さくならないピクシーとして、一定数存在するのがアタッカー型のピクシーです。ほとんどの場合、特性マジックガードによりHPが減ることなく技を使い分けることが出来る命の珠を持たせているようです。この型の最大の強みは、小さくなるピクシーの存在から、相手にアタッカー型のピクシーの存在をあまり意識させることがないことでしょう。また、定数ダメージを受けない上火力が思ったよりあるのと、技範囲が広いので、交代読みを決めることで相手のパーティー崩壊につながることも。
 技構成は、メインウェポンのムーンフォース及びフェアリー技と補完の取れている炎技は確定、残り2つをパーティー等に合わせて選択となります。個人的に炎技は大文字を勧めます。H4振りドリュウズやH4振りメタグロスに交代読み大文字で確定1発取れるからです。ハッサムとナットレイのことだけ考えるのであれば火炎放射で事足りますが、その他の鋼タイプを考慮すると大文字の方が相手のサイクル崩壊につながるのは大きいと思います。
 耐久面ですが、A特化のメガボーマンダの捨て身タックルが低乱数1発、A特化鉢巻ハッサムのバレットパンチが高乱数1発なので、そこに気をつけて運用したいところです。当然毒技とか鋼技とかを耐えることはほとんどないので、注意しましょう。
 それが嫌な方のために、命の珠型よりは若干火力が下がりますが、気合の襷型も存在します。(というより僕が無理矢理作ったw)ただし、気合の襷型にする場合には、炎技は大文字一択です。H252振りのナットレイが低乱数1発だからです。また、バシャストッパーになること、ゲンガーやヒードラン、ルカリオ辺りに麻痺を入れたいことが多いので、後続のためにも電磁波があると便利です。
 アタッカー型のピクシーは、ガルガブゲンの並びに滅法弱いので、対面厨パにはあまり出さないことをお勧めします。その代わり、サザングロス、サザンガルド、バシャナットサンダー辺りのサイクル軸のパーティーには、交代読みで大文字等を打つプレイング前提とはなりますが、結構優位に立ち回れます。交代読み大文字を鋼タイプ(主にアイヘ等接触物理技持ち)にぶつけた後の引き先がいると便利なので、ゴツメ持ちか鉄のトゲナットレイを裏に添えておくと良いでしょう。
 因みに先発で出てくるピクシーはアタッカー型か次で述べるステロ型であることがほとんどです。(先発初手小さくなるは知らないw)また、先発運用向きな型でもあります。
 最後に、この型のいいところは、害悪パを使うことに良心が痛む人も堂々と使えること、攻撃技のモーションが全て可愛いこと、相手の油断や隙をつきやすいところだと思います。むさくるしいポケモンが多いレート環境において、可愛いポケモンが可愛らしい動きで戦い、猛者どもに勝っていく姿を見ることは至福の一時でございますので、興味を持たれた方は試しに使ってみては如何でしょう?

3.ステロピクシー

調整:H244 B172 D92(ステロピクシーのテンプレ調整)
陽気A252振りのガブリアス(マンムー)の地震がオボン込み確定3発
臆病C252振りメガゲンガーのヘドロ爆弾確定耐え
性格:穏やか 特性:マジックガードorてんねん
持ち物:オボンのみ(基本)、メンタルハーブ、(なげつける持ちの場合)電気玉 など
技構成:ムーンフォース、ステルスロック、電磁波、アンコール、(電気玉持ちの場合)なげつける など
参考構築記事
・http://ch.nicovideo.jp/pokemonxy_va_poke/blomaga/ar605889(ヴぁーぜさん、シーズン7)
・http://yuukuku.blog.fc2.com/blog-entry-1.html(ゆくしぃさん、シーズン11)

 上にも書いたのですが、先発に出てきたら頭をよぎるのがこのステロピクシーです。僕自身もシーズン10に使っており、シーズン10以降爆発的に数を増やした印象があります。恐らくORASになって初めてステロピクシーを使っていたのがヴぁーぜさんだと思われます。シーズン7から目をつけていらしっしゃるのは、先見の明があったのかと。
 ステロピクシーの最大の強みは、ほぼ確実に仕事が出来ることでしょう。たいていの攻撃を一発は耐え、電磁波で麻痺を入れた後、ステロやアンコールで後続につなげることが出来ます。ただし、無邪気A252振り命の珠ゲッコウガのダストシュート、C特化のメガリザードンYのオーバーヒート、C特化ヒードラン&ジバコイルの眼鏡ラスターカノンは耐えません。この辺りがステロピクシーの耐久ラインですね。また、他の先発ステロ役として挙がりそうな、ナットレイ、霊獣ランドロス、ラグラージ、カバルドン辺りとの違いは、4倍弱点など一撃で倒されにくいところ及びアンコールの有無だと思います。たとえば、ガブやマンムー辺りの地震をアンコールしてから、浮いている積みエース(メガボーマンダや霊獣ボルトロスなど)の積みの起点にしていけることが挙げられますかね。カバやラグの欠伸は、不意のラムの実や身代わりに弱いところがあるので、それを嫌う場合はステロピクシーの方が使い勝手はいいはずです。また、ヴぁーぜさんの記事にあるステロピクシーからのメガルカリオは、ピクシーが誘う鋼技や毒技を耐えてアンコールしてからルカリオの積みの起点にしていけるのも一つのポイントですね。
 特性については、割とピクシーが誘うやどりぎのタネやどくどくをアンコールで縛って仕事を確実にこなす「マジックガード」、竜技受け及び相手の積みの起点回避をより意識しての「てんねん」となります。この辺りは個人の好みやパーティーに合わせて下さい。
 ステロピクシーの最大の可愛いポイントはアンコールを巧みに操ることですね。見た目が可愛い上、アンコールまで行うところはポケモン界のアイドルと呼ぶに相応しいですよね!この可愛さを活かして、相手のポケモンを翻弄していきましょう()先発ステロ要因が欲しいなと思った貴方にピッタリなポケモンが見つかりましたね?

4.ゴツメピクシー

調整:H244 B252 残り12をCDSの中で振りたいところに
性格:図太い 特性:てんねん
持ち物:ゴツゴツメット
技構成:ムーンフォース(確定)、火炎放射、大文字、10まんボルト、アシストパワー、小さくなる、瞑想、コスモパワー、月の光、眠る、癒しの鈴、電磁波 など
参考構築記事
・http://mizuho-ruff.hatenablog.com/entry/2015/07/14/073000(塚本瑞穂さん、シーズン10)
・http://ch.nicovideo.jp/himazinbobu/blomaga/ar733934(ボブ505さん)

 ゴツメピクシーは、特性「てんねん」により積みを無効化することを利用し、ガルーラのグロウパンチや、メガボーマンダの捨て身タックルなどの攻撃を受けた後に、ゴツメダメージ及び攻撃ダメージで相手を倒すもしくは後続圏内に入れることが主になるポケモンです。物理技は、一致鋼技及び一致毒技以外は大抵耐えるので(ただし、メガガルーラの猫捨て身は耐えない)、削りを入れることを主とするのであれば、小さくならないこちらの型を使うのも一つの手です。
 ゴツメ枠としてピクシーを採用する際に意識したい他のゴツメ要因との最大の違いは特性「てんねん」につきます。一度グロウパンチで攻撃をあげたメガガルーラなんかをとめることは物理受けであろうと難しいですが、ピクシーであれば逆に返り討ちにすることもできます。このピクシーは先制技持ちのポケモンと相性がいいので、後続にファイアローやカイリューなんかがいると使いやすいと思います。
 技構成については、HDアロー以外のファイアローも見ることが出来るので、10まんボルトを採用して技範囲を広げるか、積みエース兼ゴツメ枠として使うことを意識するのか、電磁波を採用して後続サポートを見据えるか、パーティーに合わせて選ぶことになります。
 ゴツゴツメットで自分の身を守ろうとしているピクシーを想像してみると、なんとも可愛らしいですね。新しいゴツメ枠として試しに使ってみてはどうでしょう??

5.その他のピクシー

 この項目については、あまり文章を載せずに、必要最小限におさえます。

【HDピクシー】
調整:H228 D236 S44
性格:穏やか 特性:てんねん
持ち物:綺麗な抜け殻、食べ残し など
技構成:ムーンフォース(確定)、小さくなる、瞑想、コスモパワー、月の光、眠る、癒しの鈴、 など
参考構築記事
・http://rudxwa19.hatenablog.com/entry/2016/01/31/225218(p_q_pokeさん、シーズン13)

 悪だくみボルトロス、瞑想スイクン、ジャローダ、ピクシーミラーなどに強いポケモンです。綺麗な抜け殻を持たせることで、メガゲンガーやソーナンスから逃げられるのもグッド。ただし、今の環境にはあまり合っていないポケモンだと思います。上手い人が使えばポテンシャルは秘めている型でしょう。

【スカーフピクシー】
調整:H4 C252 S252
性格:臆病 特性:マジックガード
持ち物:拘りスカーフ
技構成:ムーンフォース(確定)、大文字(確定)、トリック(推奨)、10万ボルト、サイコキネシス、草結び、シャドーボール、気合玉、電磁波(推奨) など
 
 ただの地雷枠です。正直弱かったです()

【重力歌うピクシー】
調整:H244 B172 D92
性格:穏やか 特性:マジックガードorてんねん
持ち物:オボンのみ(基本)、メンタルハーブ、 など
技構成:ムーンフォース、重力、歌う、電磁波、アンコール、 など

 一応重力パに組み込むならこうかな?という提案を以前したものです。多分ゲンガーで素催眠してたことの方が多かったですね()

【チョッキピクシー】
調整:H244 C252 S12
性格:控え目 特性:てんねん
持ち物:とつげきチョッキ
技構成:ムーンフォース(確定)、大文字or火炎放射(確定)、10万ボルト、サイコキネシス、草結び、シャドーボール、気合玉、冷凍ビーム など

 ジャローダ、瞑想スイクンが劇的に増加した時に使ってた型です。今の環境なら間違いなく微妙()


 これで、一通りはピクシーについて網羅したかなと思います。あくまでポケモンの実力が高いとは言えないエンジョイ勢にしか過ぎない僕からの視点なので、考えが違ったり、理解が不十分なところがあったりするかもしれませんが、その辺りは温かい目で見てもらえると嬉しいです。
 これを機に、ピクシーの可愛さを知り、レートやオフなどで使いたいなって思う人が増えることを願います。第7世代でもピクシーの可愛さと強さを知ってもらうための努力をしていきますので、今後とも何卒よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント